2chカジノまとめ

カジノの日本導入に向け、動きが激しくなってきた。マカオやシンガポールラスベガスや日本のカジノニュースから、レッドシャークス 、ドリームカジノ、ベラジョン、ウィリアムヒルやDORA麻雀などオンラインカジノなど、あらゆるギャンブルの最新情報を配信いたします。

    カテゴリ:マカオ

    マカオのカジノ

    マカオ政府財政局が近日公表した今年(2015年)上半期(1-6月)の財政収支統計によると、歳入は前年同期比35.6%減の551億3210万パタカ(日本円換算:8545億円)で、このうちカジノ経営ライセンス保有6社が納付したゲーミング直接税(いわゆるカジノ税)は前年同期比35.6%減の457億2090万パタカ(7086億円)だった。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     






    ponz
     



    【マカオ、歳入の8割超をカジノ税に依存する状態続く】の続きを読む

    マカオ夜景

    マカオでカジノ不振が続いている。マカオ政府のカジノ監理部門にあたる博彩監察協調局(以下、DICJ)が7月17日に公表した今年(2015年)第2四半期のカジノ売上は前年同期比37.4%減の568.68億パタカ(日本円換算:約8841億円)で、このうちVIPルームは42%減の315.68億パタカ(約4908億円)だった。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     






    ponz
     

    【マカオ、カジノに大衆化の動きが見られる】の続きを読む

    落書き

    マカオには、旧市街地を中心に、東洋と西洋の建築文化が融合したエキゾチックな町並みが多く残り、世界各地から訪れる観光客を魅了している。中でも、古き良き南欧の雰囲気を感じさせる聖ラザロ地区は、特に人気が高いエリアとして知られる。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     






    ponz
     

    【マカオ、文化財指定の建築物に対する落書きが相次ぐ】の続きを読む

    マカオ

    マカオ全体の月次カジノ売上は、昨年(2014年)6月から今年6月まで13ヶ月連続で前年割れとなっており、低迷が長期化の様相を呈している。今年上半期(1~6月)の累計カジノ売上は前年同期比37.0%減。マカオのカジノ売上減の理由として、中国本土富裕層を中心としたハイローラーと呼ばれるVIPカジノ客の流出が指摘されている。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     






    ponz
     

    【マカオ、カジノ不振で税収減 6月単月財政収支「赤字」に】の続きを読む

    このページのトップヘ