2chカジノまとめ

カジノの日本導入に向け、動きが激しくなってきた。マカオやシンガポールラスベガスや日本のカジノニュースから、レッドシャークス 、ドリームカジノ、ベラジョン、ウィリアムヒルやDORA麻雀などオンラインカジノなど、あらゆるギャンブルの最新情報を配信いたします。

    カテゴリ:日本カジノ合法化

    IR推進法案

    (2015年7月9日15:38 カジノIRジャパン)報道各社によると、民主党と維新の党が共同で一連の安保関連法案の対案を衆議院へ提出したことを受け、早ければ15日にも衆院を通過する見通しとなった。安保法案は今国会における最重要法案であるため、衆参両院へ提出されている多くの法案の審議スケジュールの障害となっていた。これはIR推進法案についても例外ではなく、安保法案の衆議院通過をきっかけとしてIR推進法案審議が衆院で一気に進むのではないかとの見方が関係者の間で高まってきた。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     






    ponz
     

    【安保法案、早ければ来週衆院通過 IR推進法案審議開始にも期待】の続きを読む

    夢洲(ゆめしま

     橋下徹大阪市長や松井一郎大阪府知事、関西経済連合会の森詳介会長(関西電力会長)らが7日、府市や経済界でつくる大阪観光局の事業運営をめぐり、大阪市内で「トップ会議」を開いた。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     






    ponz
     

    【大阪カジノリゾート誘致で官民で内輪もめ】の続きを読む

    シーザーズ・エンターテイメント

    長崎新聞によると、カジノオペレーターのシーザーズ・エンターテイメントのアジア・ビジネス開発ディレクターのジョシュア・チャン氏が1日、佐世保市役所を訪問し、同市の朝長則男市長と会談を行った。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     






    ponz
     

    【シーザーズ・エンターテイメント開発責任者が佐世保市役所を訪問し市長と会談】の続きを読む

    新南海会館ビル

     南海電気鉄道が、訪日外国人の取り込みを加速させる。本拠地の大阪・難波で平成30年9月に完成を目指す高層複合ビル「新南海会館ビル(仮称)」にはオフィスなどに加え、訪日客が医療ツーリズムや日本文化体験に利用できる施設を目玉にする予定。関西国際空港から直通のアクセスの良さを生かし、コテコテの大阪らしさ漂う「ミナミ」の魅力発信の拠点にする考えだ。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     






    ponz
     

    【白熱するミナミ活性化の新プロジェクト議論!】の続きを読む

    このページのトップヘ