バス・ハイライト・ツアー

マカオ政府旅遊局は7月31日、地元旅行社を通じて同局がプロモートする8つのウォーキングルートの連絡が可能となるバスツアーを8月1日から14日までのテスト実施期間を経て、8月15日から正式導入することを明らかにした。

鏡リュウジ

細木数子



 


 


 






ponz
 

「バス・ハイライト・ツアー」と銘打ち、A、B、Cの3ルートを用意し、マカオ半島、タイパ島、コロアン島に設定された8つのウォーキングルートを連絡する機能を持たせる。また、車内ではガイドによる観光案内(広東語、北京語、英語)もあるとのこと。利用の際、事前に外港フェリーターミナル及びマカオフィッシャーマンズワーフなどにある指定の窓口で各ルートで乗り放題(乗り降り自由)の1日券を購入する必要がある。価格は100パタカで、12歳以下と65歳以上は半額。運行ルート、時間は下記の通り。

・Aルート(循環)※全行程所要時間約1時間半、1日5便(始発11;00、終発17:30)
外港フェリーターミナル→フィッシャーマンズワーフ→観音蓮花苑(観音像)→財神商業中心→ポウサダデサンチアゴ→司打口

・Bルート(循環)※全行程所要時間約1時間、1日7便(始発11;00、終発17:30)
外港フェリーターミナル→塔石広場→観音堂→關閘(ボーダーゲート)

・Cルート(循環)※全行程所要時間約2時間、1日4便(始発11;00、終発17:00)
關閘(ボーダーゲート)→外港フェリーターミナル→タイパフェリーターミナル→官也街↓コロアンヴィレッジ

引用元:マカオ新聞

お手軽に主要観光地を巡れるのは観光客としてはありがたいです。
カジノ以外の客を取り込むための策でしょうか。