依存症について講演

 社会問題化するギャンブルやインターネットなどの依存症に対する知識や解決策を知ってもらおうと、セミナー「依存症について学ぼう」が、兵庫県明石市のアスピア明石で開かれた。元依存症患者やその家族らでつくる「ギャンブル依存症問題を考える会」(東京)の田中紀子代表が講演し、「依存症は意志の問題ではなく病気だということを知ってほしい」と訴えた。

鏡リュウジ

細木数子



 


 


 






ponz
 

 考える会は、ギャンブルなどの依存症について正しい知識を広げようと昨年2月に設立。買い物依存症で苦しんだ経験を持つ田中代表は、依存症者の回復を支援する活動を続けながら、全国で講演を行っている。

 セミナーの講演で田中代表は、依存症は脳内で作られる神経伝達物質の一つ、ドーパミンが活発になりすぎる病気であることを説明した上で、「依存症の人を説教したり、説得したりしても何も変わらない。まず、家族が正しい知識を理解することが必要」と強調した。

 また、依存症の人や家族同士が連携し、これまで苦しんできた体験などを分かち合う自助グループの活動を紹介し、「家族だけで抱え込まず、同じ状況を乗り越えようとしている人々と支えあうことが、依存症回復への一歩になる」と話した。

引用元:産経WEST

依存症は病気であると理解し、周囲の人が支えていかなければなりません。
依存症への理解が深まればと思います。