ウィンリゾーツ

米国ラスベガスに本拠地を置くカジノ大手ウィンリゾーツは7月30日(米ラスベガス時間)、今年(2015年)第2四半期の業績を発表した。マカオのカジノ市場の低迷が続く中、マカオ事業部門のウィンマカオの売上高は前年同期比35.8%減の6.170億米ドル(日本円換算:約766億円)、純利益は62.5%減の7360万米ドル(約91億円)、調整後EBITDAは43.5%減の1.734億米ドル(約215億円)となった。

鏡リュウジ

細木数子



 


 


 






ponz
 

ウィンマカオの今年第2四半期のカジノVIPルームのリーリングチップ売上は41.1%減の155億米ドル(約1兆9241億円)、マスゲーミングフロアのベット金額は16.5%減の12億米ドル(1490億円)。

なお、ラスベガス事業部門の売上高は6.2%減の4.235億米ドル(約526億円)。カジノ売上が26.2%減の1.347億米ドル(約167億円)となったが、より売上規模の大きいノンゲーミング(非カジノ)売上が5.3%増の3.303億米ドル(約410億円)を記録している。

ウィンリゾーツは、マカオ・コタイ地区で新規大型カジノIR(統合型リゾート)ウィンパレスの開発を進めている。開業予定時期は2016年上半期。

引用元:マカオ新聞

マカオほどではないにしてもラスベガスでも売上が減少しているのですね。
非カジノの売上が増えているのに注目です。