カムペックパラダイスカジノ

マカオ・新口岸地区の繁華街にあるカジノ施設で7月28日夜、借金をめぐるトラブルが原因とみられる傷害事件が発生。当事者2人はいずれも中国本土籍の男性で、このうち被害者(36)は重傷、加害者(49)は現場から逃走したが、間もなく付近で警察に取り押さえられ、逮捕されたという。

鏡リュウジ

細木数子



 


 


 






ponz
 

マカオの日刊紙「澳門日報」が7月29日付紙面で報じた内容によると、7月28日午後7時頃、カムペックパラダイスカジノ2階のスロットマシンフロア内で、債権者の男がおよそ1万香港ドル(日本円換算:約16万円)の返済を債務者に求めた際に口論となり、興奮した債権者の男が突然隠し持っていた包丁を取り出し、債務者の男を追い回しながら斬りつけたという。カジノ内は騒然となり、同じフロアに居合わせた客らが一斉に逃げ回っていたという。

その後、債権者の男は現場から逃走したが、通報を受け周囲を警戒中の警察官に付近で取り押さえられた。また、消防が現場に駆けつけた際、債務者の男は血まみれの状態で倒れており、止血措置の上で救急車で病院へ搬送された。首、腕、腰などに重傷を負っているという。

引用元:マカオ新聞

なぜ、包丁を隠し持っていたのかが気になります。
債権者が現れるのを想定していたのでしょうか。