マカオの景色

マカオ政府ヒューマンリソースオフィスが近日公表した統計データによると、今年6月末時点でマカオで就労する海外(中国本土、香港、台湾含む)労働者の数は18万523人に上り、前年同期から16.2%の急増となった。

鏡リュウジ

細木数子



 


 


 






ponz
 

マカオの総人口はおよそ64万人であることから、約3割を海外労働者が占めるという計算になる。

海外労働者の出身地別では、中国本土が全体の半数以上となる11万7316人でトップ。以下、フィリピンの2万3152人、ベトナムの1万4203人、香港の9708人、インドネシアの4087人と続く。なお、日本は149人。

就労業種別では、建設業の4万8692人、ホテル・飲食業の4万5680人が最大。

マカオでは、2002年のカジノ経営ライセンスの対外開放を契機に大型IR(統合型リゾート)の開発ラッシュが始まり、建設及びオペレーションに多くの労働力を要することから、海外労働者の数も右肩上がりに増加を続けている。

引用元:マカオ新聞

マカオでは外国人の労働力が欠かせないものになっているようです。
やはり中国本土からの労働者が一番多いのですね。