party Gaming Company

  (ブルームバーグ):オンラインでカジノサイトなどを運営する英888ホールディングス は、オンラインゲーム会社Bウィン ・ドット・パーティー・デジタル・エンタテインメントを8億9830万ポンド(約1740億円)で買収することで合意した。実現すれば、Bウィン買収競争は幕引きとなる。

鏡リュウジ

細木数子



 


 


 






ponz
 

 888の17日発表によると、買収はBウィン1株につき現金39.45ペンス支払いと888の新株0.404株への交換を組み合わせて行う。このため買収額は1株当たり104.09ペンス相当となり、Bウィンの経営権取得をめぐって争っていたGVCホールディングス が示唆する提示額110ペンスを下回った。

オンラインゲーム業界では合併・買収が相次いでいる。GVCは2013年にウィリアム・ヒルと組みスポーティングベットを傘下に収めた。Bウィン自体が11年の合併で誕生しており、同社のノルベルト・トイフェルバーガー最高経営責任者(CEO)は少なくとも昨年11月以降、身売りを模索していた。

引用元:Bloomberg.co.jp

オンラインカジノは家にいても楽しめるものなので、とても便利です。
今後、888がどう成長していくか楽しみです。