ネットカジノ店「マリン」

 東京・池袋のインターネットカジノ店が摘発され、責任者の男らが現行犯逮捕されました。

鏡リュウジ

細木数子



 


 


 






ponz
 

 ネットカジノ店「マリン」の責任者・菊池浩史容疑者(45)ら2人は4日、店内のパソコンを使って客の男6人に賭博をさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、菊池容疑者らは池袋駅周辺で客を勧誘し、一日20人以上に賭博をさせていました。この店は、負けた客に掛け金の3%を払い戻すサービスで人気を集めていたということです。警視庁は1年間で2400万円の利益を上げていたとみて調べています。

引用元:テレ朝news

負けたたら3%でも払い戻ししてくれるとは・・・。
こんなサービスがあったら通ってしまうかもしれません。