ダイナムジャパンHD

6月23日にダイナムジャパンホールディングスはリゾート開発事業への参入を発表し、7月1日より『リゾート開発グループ』を新設して事業化を進める。
候補地は山口県下関市豊浦町大字涌田後地507番地に所在する同社のマリンピア豊浦研修所を起点とする。

鏡リュウジ

細木数子



 


 


 






ponz
 

マリンピア豊浦研修所の前身は下関市最大のリゾート・レジャー施設「マリンピアくろい」。「マリンピアくろい」は黒井漁業協同組合を設立母体とした施設であり、1977年に海に面したホテル、スポーツ施設、レストラン、遊園地などを含むリゾート・レジャー施設として開業。経営不振に陥り、1990年代後半に閉鎖。その後、2003年にダイナムが施設を購入し、研修所とした。

ダイナムジャパンホールディングスは2015年度中に開発基本計画を立案し、2016年度の予算化を目指す方針。同社が掲げるリゾート開発事業に参入する理由は以下の通り。
(1)パチンコホール運営の施設運営、接客業の経験ノウハウ
(2)1989年以来、大卒を毎年200名~300名採用し教育。優秀な人材を擁する
(3)2012年8月の香港上場による評価
(4)株主価値の向上

ダイナムジャパンホールディングスはカジノ関連事業、日本におけるカジノを含む統合リゾート(IR)において事業機会を模索する考えがある。
ただし、マリンピア豊浦研修所におけるリゾート開発について、現状、カジノを含む統合リゾート(IR)との関連性は示されていない。

カジノを含む統合リゾート(IR)実現のプロセスは「IR関連法成立→自治体による国への提案→国による当該区域選定→自治体による事業者選定」である。
IR議連の考えではIRは日本に最大10ヵ所前後。地域、事業者から見れば、その実現のハードルは極めて高い。

引用元:カジノIRジャパン

たしかにパチンコホールの運営で培った経験はカジノ運営にも活かせるのかもしれません。
今後の動きに注目です。