タイ

国家改革評議会(NRC)のアナン評議員は6月15日、カジノを合法化し、カジノからの税収を低所得者の救済や国家開発に役立てることを提案した。同評議員のほか、10人ほどの評議員がカジノ合法化に賛成しているという。

鏡リュウジ

細木数子



 


 


 






ponz
 

タイでは、各地に違法賭博場があるとされるものの、カジノの合法化は市民団体などが「ギャンブルの弊害をさらに増幅することになる」などと強硬に反対しており、実現に至っていない。

だが、アナン評議員によれば、大勢のタイ人が近隣国のカジノに出かけて大金を落としているのが現実であり、NRC、内閣、国家平和秩序評議会(NCPO)はカジノ合法化を前向きに検討するのが望ましいとのことだ。

引用元:バンコク週報

税収の増加が見込めるのならばカジノ解禁もいいのではないのでしょうか。
増えた税収を福祉に充てるのなら歓迎すべきことです。
是非、パタヤに建築して欲しいものです。