インターネットカジノ店の収入などを隠して生活保護費を不正に受給したとして、兵庫県警組織犯罪対策課などは28日、詐欺容疑で神戸市兵庫区福原町の元ネットカジノ店経営、小林辰良被告(62)=常習賭博罪などで起訴=を再逮捕した。県警によると、容疑を認めているという。小林容疑者はネットカジノ店で賭博行為をしたとして逮捕されていた。

鏡リュウジ

細木数子



 


 


 






ponz
 



 再逮捕容疑は平成26年1月~今年2月、収入がありながら、市兵庫福祉事務所に届けず、計14回、生活保護費計約310万円を不正に受け取ったとしている。

 県警によると、小林容疑者の内縁の妻名義の口座に、26年1月から今年1月の間にカジノ店の売上金など計約2700万円が入金されていたという。

 神戸市は、生活保護費の不正受給分について、全額返還を求めるとしている。

引用元:産経WEST 

尊敬すべき賭博の才能ですね~!
そして こんなに稼いでるのに生活保護とは・・・驚きです