中国汚職
韓国では2014年のギャンブル産業の売上高が前年比1%増加しました。

自国民向けの江原ランドカジノが10%増と推定されていますが、
外国人向けのカジノは0.7%増にとどまっています。

鏡リュウジ

細木数子



 


 


  


韓国のカジノは日本人観光客が減少するも、中国人観光客が増えているのに
なぜカジノ産業が低迷しているのでしょうか。

現在世界No.1の売上を誇るマカオのカジノも
カジノ関連企業の株価はのきなみダウン、半年以上連続して、売上高がマイナス成長にとどまっています。急成長をとげてきたアジアカジノの行く末に大きな影響を与えているのはチャイナマネーといわれています。
中国では「反腐敗運動」という国策が推進されており、いままでカジノの売上を担っていた中国本土の国営企業や・役人などが、腐敗防止運動のせいでこれらの場所に以前のようにカジノで豪遊することが困難になりました。
高所得者が来ないことで、マカオはおろか、韓国にも影響が出ています。
日本でもまたカジノ法案をめぐる動きが活発化していますが、チャイナマネーに頼ったカジノ政策では、景気回復を期待できない可能性があります。