グランドリスボア
マカオのカジノライセンス保有6社の一角で業界最大手のSJMホールディングスは2月25日、昨年(2014年)通期の業績発表を行った。全社のカジノ売上は前年比8.8%減の792.69億香港ドル(日本円換算:約1兆2160億円)、調整後EBITDAは10.5%減の77.63億香港ドル(約1190億円)、純利益は12.7%減の67.1億香港ドル(約1030億円)と主要指標でいずれもマイナスを記録。市場シェアは23.2%で首位をキープした。

鏡リュウジ

細木数子



 


 


  

同社の旗艦カジノ施設となるグランドリスボアのカジノ売上は8.3%減の295.87億香港ドル(約4540億円)、調整後EBITDAは8.2%減の42.73億香港ドル(約660億円)。ホテル客室稼働率は3.2ポイントマイナスの93.2%だったが、平均客室単価は4%プラスの2325香港ドル(約3万6000円)となった。

全社のマスゲーミング(平場カジノ)部門の売上は8.9%のプラスを確保したが、VIPカジノ部門が17.3%のマイナスとなり、相殺するには至らなかった。なお、全社カジノ事業に占めるVIPカジノ売上の比率は前年から6.2ポイント減の60.9%、マスゲーミング部門は6.1ポイント増の37.4%だった。

マカオ政府カジノ監理当局の統計によると、マカオのVIPカジノ売上全体に占める同社の割合は23.4%で、前年から1.8ポイント減。

昨年12月末日現在、同社傘下のカジノ施設で稼働中のゲーミング(カジノ)テーブル数は、VIP部門が574台、マスゲーミング部門が1214台となり、それぞれ前年同日から7台減、4台増。

マカオの月次カジノ売上は昨年6月から今年1月まで8ヶ月連続で前年割れとなっている。マカオのカジノ売上の大半を稼ぎ出すのがVIPカジノ部門だが、中国本土の反汚職キャンペーンの拡大などを受け、主要顧客基盤である中国本土富裕層が同じ中国にあるマカオでのギャンブルを避ける動きもみられる。