2chカジノ仮想通貨まとめ※勝負は、ゼロワンスタイル!

勝つか負けるか、ゼロワンスタイル! カジノの日本導入に向け、動きが激しくなってきた。ビットコインで仮想通貨も盛り上がる。マカオやシンガポールラスベガスや日本のカジノニュースから、レッドシャークス 、ドリームカジノ、ベラジョン、ウィリアムヒルやDORA麻雀などオンラインカジノなど、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨あらゆるギャンブルや投資関連の最新情報を配信いたします。

    2015年06月

    ポーカー協議会
    中国江蘇省南京市で開催されていたポーカーの競技会が、賭博行為の疑いで突然、中止となり、公安当局が調査に乗り出す事態となっている。地元の体育当局などが主催する大会だが、全国の体育当局を統括する国家体育総局は、関与を完全否定している。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     






    ponz
     


    【中国・南京「ポーカー競技会」】の続きを読む

    渋谷で“賭博” 「2年で2億円」 カジノ店を摘発
    東京・渋谷区のインターネットカジノ店で、客にバカラなどの賭博をさせたとして、経営者の男ら3人が逮捕されました。店は約2億円を売り上げていました。


     インターネットカジノ店「メビウス」の経営者・柴田浩達容疑者(40)ら3人は、客に対して店のパソコンを使い、バカラやポーカーなどの賭博をさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、柴田容疑者らは摘発を逃れるため、店の入り口に鍵を掛け、監視カメラやインターホンで常連客であることを確認して入店させていました。取り調べに対し、柴田容疑者は「2年間で約2億円売り上げた。賭博をさせたことに間違いない」と容疑を認めています。

    引用元:テレビ朝日
     
    ネットカジノの利用には気をつけましょう! 

    Galaxy-Macau-Broadway-Macau


    マカオ・コタイ地区に5月27日午後5時、大型カジノIR(統合型リゾート)施設「ギャラクシーマカオ」第2期及び「ブロードウェイマカオ」がオープンした。

    マカオのカジノ売上が昨年6月から今年4月まで11ヶ月連続で前年割れとなる逆風下の船出となるが、運営会社のギャラクシーエンターテイメントグループ(以下、GEG)では「ノンゲーミング(非カジノ要素)に重点を置いた新しいタイプのIR施設」としており、これまでカジノ一辺倒のイメージが強かったマカオのツーリズム界に新風を吹き込むことが期待されている。

    ギャラクシーマカオはGEGの旗艦施設で、第1期が2011年5月に開業済み。ブロードウェイマカオは隣接区画に建ち、ギャラクシーマカオと通路で直結する。ギャラクシーマカオ第2期及びブロードウェイマカオの開業により、ギャラクシーマカオのサイズは一気に2倍の110万平米となる。GEGの発表によると、ギャラクシーマカオの第1期と第2期、ブロードウェイマカオを合わせた総投資額は430億香港ドル(日本円換算:約6700億円)に上る。

    引用元:CASINO新聞 

    このページのトップヘ