2chカジノまとめ

カジノの日本導入に向け、動きが激しくなってきた。マカオやシンガポールラスベガスや日本のカジノニュースから、レッドシャークス 、ドリームカジノ、ベラジョン、ウィリアムヒルやDORA麻雀などオンラインカジノなど、あらゆるギャンブルの最新情報を配信いたします。

    2015年04月

    99ワールド
    日本でも近年きびしくなっている個人情報の取扱ですが、マカオで驚きの事件が起きています。
    マカオのカジノに絡む債務者とされるリストを実名、顔写真、債務額といった情報とともに公開しているウェブサイト「
    」の運営者が個人情報保護法違反の疑いでマカオ当局に起訴されたました。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


      
    【カジノ債務者リスト公開のサイト運営者を個人情報保護法違反で起訴】の続きを読む

    現金配布
    マカオ政府は域内住民に現金支給をしています。
    2014年は13年に比べ25%もアップし、最高9000パタカ(=香港ドル、約11万5650円)ずつ現金支給されました。
    そんな好景気に沸いたマカオですが、昨年から続くカジノ離れが経済低迷に大きく影響しています。
    マカオ政府経済財政庁の梁維特長官は3月31日、昨今のカジノ売上減に伴う財政黒字の縮小に伴い、毎年恒例となっている市民に対する現金配布について、来年(2016年)は減額となる可能性があることを明らかにした。実施すること自体には前向きな姿勢であるという。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     
     
    【【マカオ】カジノ経済低迷で、市民への現金配布見直し示唆】の続きを読む

    マカオ
    マカオ政府博彩監察協調局は4月1日、今年(2015年)3月のマカオの月次カジノ売上について、
    前年同月比39.4%減の214.87億パタカ(日本円換算:約3224億円)だったとする最新統計を発表した。
    月次カジノ売上の前年割れは昨年6月以降10ヶ月連続。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


      
    【マカオの3月カジノ売上10ヶ月連続前年割れ「4割減」】の続きを読む

    Amaya
    昨年、PokerStars やFull Tiltを相次ぎ買収しオンラインゲーミング最大手となったAmayaは、アジアに市場拡大に注目しています。
    ヨーロッパでは人気のポーカーですが、アジアではまだ普及率が低いことから、大きな伸びが期待できるという考えのようです。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     


    【オンラインゲーミング大手Amayaがアジア市場に注目】の続きを読む

    このページのトップヘ