勝負は、ゼロワンスタイル!2chカジノ仮想通貨まとめ

勝つか負けるか、ゼロワンスタイル! カジノの日本導入に向け、動きが激しくなってきた。ビットコインで仮想通貨も盛り上がる。マカオやシンガポールラスベガスや日本のカジノニュースから、レッドシャークス 、ドリームカジノ、ベラジョン、ウィリアムヒルやDORA麻雀などオンラインカジノなど、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨あらゆるギャンブルや投資関連の最新情報を配信いたします。

    2015年02月

    カジノ合法化3
    日本にとってカジノを含むIR(統合型リゾート)の解禁には、賛否両方の論点があることをこれまで述べてきた。ちょうどこの原稿を書いている2月19日、政府が大阪市と横浜市の2ヵ所で、2020年までに統合型リゾートの開業を目指す方針であるとの報道が流れた。 通称「カジノ法案」が成立していない現段階では、これは正式な決定ではあり得ないが、少なくとも、IR解禁に向けて水面下での活動が本格化してきていることがうかがえる。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     
      【日本企業のカジノ解禁におけるビジネスチャンスとは(1)】の続きを読む

    韓国カジノ
    外国人観光客を誘致しようと、韓国政府はカジノやホテル、国際会議場などを備えた統合型リゾート施設(IR)の設置を、今年中に2カ所認める見通しだ。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


      
    【韓国「カジノ増設」大逆風、“犯罪”“自殺”イメージ悪化】の続きを読む

    マカオフィッシャーマンズワーフ
    マカオでカジノ・ホテルなどの運営を手がけるレジャー大手マカオレジェンドディベロップメントリミテッド(以下、レ社)は2月23日、日本の日本のパチンコホール運営大手ダイナムジャパンホールディングス(以下、DYJH社)との間で進めてきた事業提携交渉について、最終期限となる同日までに正式契約に至らなかったことを明らかにした。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


      
    【ダイナムとマカオカジノ運営大手の事業協力交渉まとまらず】の続きを読む

    香港マカオへ本土中国人殺到
    昨年(2014年)の訪香港旅客総数は12%増の約6080万人(のべ、以下同)となり、このうち中国本土からの旅客が前年比16%増の4700万人、実に全体の78%を占めた。「水客」と呼ばれる買い出し客による日用品の大量の買い漁り行為、交通機関や観光地の混雑など、中国本土旅客と香港の地元住民との間でさまざまな摩擦が発生している。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


      
    【香港・マカオへ中国本土旅客が殺到しキャパ超え寸前】の続きを読む

    このページのトップヘ