2chカジノ仮想通貨まとめ※勝負は、ゼロワンスタイル!

勝つか負けるか、ゼロワンスタイル! カジノの日本導入に向け、動きが激しくなってきた。ビットコインで仮想通貨も盛り上がる。マカオやシンガポールラスベガスや日本のカジノニュースから、レッドシャークス 、ドリームカジノ、ベラジョン、ウィリアムヒルやDORA麻雀などオンラインカジノなど、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨あらゆるギャンブルや投資関連の最新情報を配信いたします。

    2015年02月

    グランドリスボア
    マカオのカジノライセンス保有6社の一角で業界最大手のSJMホールディングスは2月25日、昨年(2014年)通期の業績発表を行った。全社のカジノ売上は前年比8.8%減の792.69億香港ドル(日本円換算:約1兆2160億円)、調整後EBITDAは10.5%減の77.63億香港ドル(約1190億円)、純利益は12.7%減の67.1億香港ドル(約1030億円)と主要指標でいずれもマイナスを記録。市場シェアは23.2%で首位をキープした。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


      
    【マカオカジノ最大手SJM、純利12.7%減】の続きを読む

    珠海横琴長隆国際海洋リゾート
    ヴェネチアンマカオは2月25日、マカオ・コタイ地区に隣接する広東省珠海市の横琴新区にある世界最大級の海洋テーマパーク、珠海横琴長隆国際海洋リゾートとのパートナーシップによる共同宿泊パッケージの販売をスタートすると発表した。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     

    【ヴェネチアンマカオと珠海横琴長隆国際海洋リゾートがコラボ】の続きを読む

    カジノ合法化
    カジノの運営は
    労働集約型

    2点目は、統合型リゾートの運営を行っていくための、人材の生産性や各種のコスト効率をどこまで高めていけるかという点である。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     
    【日本企業のカジノ解禁におけるビジネスチャンスとは(3)】の続きを読む

    カジノ合法化2
    カジノオペレーターとの
    ビジネスは世界に波及する

    また、カジノオペレーターの多くは、すでにグローバル企業であるため、日本国内だけが対象になるのではなく、世界中に広がる統合型リゾートに対して、日本企業が持つサービスや製品を大胆かつ迅速に展開させることが可能になるだろう。彼らは、次の有力な投資先として日本市場を見据えているため、日本企業にとっては商談を行う上で、コミュニケーションをとりやすい環境が整っていると言える。海外のカジノで実績をあげて、日本に逆輸入するということも視野にいれることができるだろう。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


      
    【日本企業のカジノ解禁におけるビジネスチャンスとは(2)】の続きを読む

    このページのトップヘ