2chカジノまとめ

カジノの日本導入に向け、動きが激しくなってきた。マカオやシンガポールラスベガスや日本のカジノニュースから、レッドシャークス 、ドリームカジノ、ベラジョン、ウィリアムヒルやDORA麻雀などオンラインカジノなど、あらゆるギャンブルの最新情報を配信いたします。

    2015年01月

    マイアミプロジェクト
    ゲンティンがマイアミヘラルド社から14エーカーの土地を2億3,600万ドルという高額で買収してから3年半、元マイアミヘラルド社の本社ビルの撤去がようやく終わろうとしている現地では、近隣の人々もいまだにその土地がどのように開発されるのか知る者はいない。
    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


     
    【土地買収から3年、ゲンティンのマイアミプロジェクト沈黙】の続きを読む

    マカオ カジノ
    大手金融機関クレディスイスの試算によると、マカオでカジノ運営ライセンスを保有する(サブライセンス方式含む)全6社の昨年(2014年)第4四半期の合算利益が156億香港ドル(日本円換算:約2387億円)となり、前年同月比22%減となる見通し。
    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


      
    【マカオカジノ運営6社の合算利益2387億円(22%減)】の続きを読む

    ベイエリア夢州
    大阪府と大阪市が夢州(ゆめしま)に計画しているIR構想について、関西経済同友会のMICE・IR推進委員会(委員長、福島伸一・新関西国際空港会長)は20日、大阪・関西が交通アクセスなどの面で最適地として2020年の開業に向けた提言を発表した。カジノ構想に拒否反応が強いことを踏まえ「アジアの人々を引き寄せる国際観光拠点整備であり、ギャンブル依存に陥らない対策を考えた」としている。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


       【「大阪・関西が最適」 IR構想誘致、依存症対策も】の続きを読む

    カジノビップルーム
    マカオのVIPカジノ売上が減少を続ける中、VIPルーム運営企業の苦戦が伝えられてきた。先週、マカオで7ヶ所のVIPルームを運営する大手のデビットグループ(大衛集団)が、一気に3ヶ所のVIPルームの閉鎖したことが明らかとなった。

    鏡リュウジ

    細木数子



     


     


      
    【マカオのカジノVIPルーム運営企業がアジアの競合エリアへ中国富裕層を送客へ乗り出す】の続きを読む

    このページのトップヘ