勝負は、ゼロワンスタイル!2chカジノ仮想通貨まとめ

勝つか負けるか、ゼロワンスタイル! カジノの日本導入に向け、動きが激しくなってきた。ビットコインで仮想通貨も盛り上がる。マカオやシンガポールラスベガスや日本のカジノニュースから、レッドシャークス 、ドリームカジノ、ベラジョン、ウィリアムヒルやDORA麻雀などオンラインカジノなど、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨あらゆるギャンブルや投資関連の最新情報を配信いたします。

    2014年12月

    2003年以降、中国の富豪たちの間でプライベートジェットブームが続いてきたとされる。香港のアジアンスカイグループの推計によると、2013年の中国本土のプライベートジェットの数は前年比28%増の248機に達した。しかし、今後は伸びが鈍化するとする見通しもあるという。マカオの有力日刊紙「澳門日報」が12月26日付紙面で報じた。

     米航空宇宙機器大手のハネウェル・エアロスペース社が中国の富豪に対して実施した調査データによると、プライベートジェット購入計画があると回答した割合は、2013年に42%あったが、2014年には29%にまで下落したという。世界平均は23%だった。

     中国では、2013年3月に習近平国家主席が就任して以降、汚職に対する取り締まりや贅沢禁止など、綱紀の引き締め政策が積極的に進められている。この動きが「贅沢品」の象徴でもあるプライベートジェット購買欲にマイナス影響を与えたことは想像に難くない。ハネウェル・アエロスペース社のアジア太平洋地区総裁は「将来的には成長も見込める市場だが、今は特殊な時期にある」語っている。

     ある航空業界関係者によると、今年(2014年)4月に上海で開催されたアジアプライベートジェット展の会場で、88機のプライベートジェットとヘリコプターの購入契約が締結されたが、このうち3分の1について契約キャンセルになるだろうと予想する。2013年以降、中国ではプライベートジェット購入契約について、キャンセルや支払い遅延といった違約率が上昇しているとのこと。また、すでにプライベートジェットを所有している富豪の中にも、手放す動きがみられるという。

    中国中央政府首脳に対するマカオ特別行政区政府の2014年度活動報告を行うため今月(12月)24日から北京を訪問中の崔世安マカオ行政長官は26日午後5時半から、中南海瀛台涵元殿で習近平国家主席との会談に臨んだ。マカオの政府系放送局TDMが26日夜のラジオニュースで報じた。

     習主席は、今年(2014年)のマカオ政府の活動について、崔世安行政長官のリーダーシップの下、経済、社会ともに安定した発展をみせ、第4代政権へのスムーズな交代を実現、返還15周年祝賀式典も成功を収めたとするなど、手腕を評価した。今月19、20日の2日間、マカオ返還15周年式典へ出席するためマカオを訪れたことについては「マカオの進化を間近に感じた。一国二制度実践による成果だ」と語った。

     今後については、一国二制度とマカオ基本法の下、崔行政長官及びマカオ政府がマカオを背負って立つという自覚と危機感を持って経済、社会政策を推進するよう指示した。

     崔行政長官からは、マカオ返還15周年の際に「プレゼント」として発表された、周辺水域管轄権の明確化、つがいのパンダの贈呈などを例に挙げ、中央のマカオに対する関心と支持に対する感謝を述べた。

     この日の午前中、崔行政長官は李克強中国国務院総理とも会談を行った。

    12月24日、香港のビジネス街にある幹線道路上で現金輸送車が7億円分の現金を落とし、通行人らによっておよそ2億3千万円が持ち去られるという事件が発生した。香港警察当局では、拾得者に対して速やかに届け出をするよう呼びかけると同時に、25日から窃盗事件として本格的な捜査に着手している。

     香港の日刊紙「アップルデイリー」などが12月27日付紙面で報じた。香港警察は25日夜、タクシー乗車中に現場付近を通りがかった際、下車して現金を拾って自宅に持ち帰った疑いで男女各1名を逮捕したのに続き、26日夜、事件発生当日に現場で拾った帯封付きの札束50万香港ドル分(日本円換算:約750万円)の写真とともに「クリスマスはマカオで豪遊する」などと「自慢の声」をSNSに投稿していたとされる蔡容疑者(23歳・男)を逮捕したことを明らかにした。

     警察の調べに対し、蔡容疑者は現場で現金を拾得したこと、マカオを訪れたことの双方を否認しているという。警察による家宅捜索では、現金を発見できなかったというが、マカオ往復のフェリーチケット、パソコン及びタブレットPCなどを押収したという。警察では、蔡容疑者が投稿したとされる写真が本人が撮影したものか、他のサイトから転載したものなのか、またマカオ渡航の有無などについて、詳しい調べを進めているという。

     香港警察の発表によると、26日午後10時までに拾得した現金の届け出を行った人は40人、返還総額は639万6千香港ドル(約9900万円)という。依然として、約867万香港ドル(約1億3千万円)が行方不明のままとなっている。警察では、事件の目撃者や写真を撮影した人に対し、資料の提供を呼びかけている。

     7億円を落下させた現金輸送車は、中国銀行(香港)が大手警備会社G4S社に委託していたもの。現金輸送車に乗っていた運転士、警備員ら4人の背景、経済状況、業務記録に関する調査も進められているという。

    このページのトップヘ