中国本土で海外旅行熱が高まる中、中国人による旅先での消費額も急拡大している。中国本土旅客が海外旅行先で決済に使用するクレジットカードの大半が中国ブランドの「銀聯カード」だ。中国本土からの観光客が急増している韓国では、2013年の外国人によるカード決済総額のうち、銀聯カードがおよそ4割のシェアを獲得し、ビザやマスターといった国際ブランドを抜いて首位に立ったという。

マカオの有力日刊紙「澳門日報」が12月25日付紙面でロイター通信電を引用して伝えた。これまで、中国人は現金による決済を好む傾向にあったというが、近年、両替の手間などが省けるなどの理由から、特に海外旅行先では圧倒的多数の旅客が銀聯カードを使用するようになったという。韓国では銀聯カード加盟店開発が順調に進んでおり、半数以上のATM機が銀聯カードを使ったウォンの引き出しに対応するなど、利便性が高いとのこと。韓国を訪れる中国本土旅客のうち、およそ9割が銀聯カード決済をしているとする統計もあったという。

中国本土旅客による海外旅行先での消費額はすでに世界最大規模となり、2013年には1287億米ドル(日本円換算:約15兆4600億円)に上った。また、国際免税手続き世界最大手のグローバルブルー社が今年(2014年)7月に発表したデータでも、中国本土旅客の海外旅行先における1人あたり平均消費額は6727人民元(約13万円)となり、世界トップだった。

韓国観光公社が今年10月に発表した1-9月の累計訪韓外国人統計によると、総数約1068万人のうち、中国人が前年同期比35%増の約468万人となり、全体の4割以上を占めた。一方、2番目に多かったのは日本人で、15.7%減の約174万人。

韓国で中国依存が進めば進むほど、中国の韓国に対する影響力増大につながるとの指摘もある。現状、中韓関係は「反日」共闘など、表向きには良好とされているが、両国の間には、貿易摩擦や歴史をめぐる認識の違いなどが存在するのも事実だ。

中国本土で広く普及する銀聯カード(右下)が二大国際ブランドを猛追する(資料写真)—本紙撮影